虫歯治療 - 横浜市 関内 虫歯 歯周病 歯医者

イケダ歯科医院

Q&A

虫歯治療

始まりは1本の虫歯から

虫歯治療

初期の虫歯なら神経を取らずに治療をする事に心がけます。
また、削る量を最小限にして、神経は極力残します。


治療をした神経の無い歯でも虫歯は進行します。しかし痛みが出ないので、気がつくと歯の根元まで駄目になっている事もあります。

虫歯治療は一旦終了したら、その後は定期検診でチェックを受けましょう。
それにより健康な状態を維持できます。

当医院では定期検診で虫歯・歯周病予防の体制を整えています。

早期発見!早期治療!

虫歯は放置すると、だんだんと痛みを感じるようになり、神経まで侵され、神経を抜いたり、最悪の場合歯を抜いたりすることになってしまいます。
歯を失ってしまったら、入れ歯やブリッジ、インプラントと人工の歯を使っていくしかありません。
一生、自分の自然な歯で過ごせるかどうかは、虫歯を早期に発見し、早期に治療をする事が大切です。

 

虫歯の症状と治療

 


01 ○削る必用ない初期の虫歯

自覚症状:なし。表面が白っぽくなる治療方法:
削る必要はなく、適切な歯みがきや、フッ素塗
布などにより進行が防げる。








Gpfphoto420101109080728_3

○浅めの虫歯
自覚症状:なし。
治療方法:麻酔を使わずに、虫歯の箇所を削り、白い詰め物をして終了です。
たいてい、一回の治療で済みます。





Gpfphoto620101109080728_2
○少し進行した虫歯

自覚症状:進行も早い。冷たいものがしみる。痛みを感じる。
治療方法:局所麻酔を使用し、虫歯を削ります。削る部分が大きくなるので、インレーやクラウンで補うため、型取りも必要で、治療に時間がかかります。



Gpfphoto720101109080728_3 ○神経まで進んだ虫歯
自覚症状
:熱いものがしみる。激しい痛みを伴う。
治療方法:虫歯を削る。神経を抜く。
大部分が虫歯で削られてしまうので、土台をつくりクラウンを被せます。



Gpfphoto820101111070746_3 ○歯が崩れてしまった末期の虫歯

自覚症状
:激しい痛みがしばらく続く。痛みを感じる神経そのもの壊死してしまうので、痛みを感じなくなるが、根に膿みを持つようになり、激しい痛みを感じるようになる。

治療方法:
麻酔も効きにくく、歯を残すことが困難になるため、抜歯をして補綴治療を行う場合があります。しかし、場合によっては歯の神経の消毒をする事で残せることもあります。

この記事を共有する

横浜市 関内で歯周病専門の歯科医院

横浜市,関内駅の歯医者

今すぐご連絡ください

歯周病・虫歯・口臭でお悩みなら今すぐ、メールか電話でご連絡ください。

イケダ歯科医院の特長

確かな技術と豊富な治療経験、歯周病治療に特化
日本臨床歯周病学会の認定医だから安心
徹底した衛生管理のため清潔で安心できる

歯周病治療に特化 日本臨床歯周病学会認定医 土日・祝日休診 関内駅 徒歩5分 歯周病・口臭相談OK 徹底した衛生管理

口臭が気になる方へ

歯周病治療

歯周病治療は、
・歯磨きの時に血が混ざる
・口の中がネバネバする(特に起床時)
・口臭が気になる、または指摘された
・歯肉が赤く腫れて見える、ムズムズする
・歯が動く
・歯の隙間が広がってきた
・歯が長くなってきた


こんな症状に心あたりのある人は歯周病の可能性があります。
現在30歳以上の人の約80%が歯周病にかかっているといわれていますが、それを自覚している人は僅かです。
実際に歯周病を意識するのは50代ごろの人が多いようです。
また、学校時代に歯の検診というと虫歯の検査しか受けなかった為、歯茎に関心を持つ人が少ないのかもしれません。
実際には歯周病は歯を支えている土台の部分の歯肉と骨が侵される病気で、重症になると虫歯が無い歯でも抜歯になる事は珍しくありません。

歯周病 歯肉炎 歯茎 歯茎 炎症 口臭

※ご予約時に「専門サイトを見た」とお伝えください